『NPO、地域団体、企業、自治体との連携プラットフォームのつくり方』

開催日時:8月27日(火)19:00~20:00

※放映後、録画してアーカイブ放送を行ないます。

※アーカイブ配信スタートまでに数日かかることがございます。

※質疑応答がご希望の受講生の方はライブでご参加ください。

※アーカイブでは質疑応答はカットされます。

ZOOM LIVE

『NPO、地域団体、企業、自治体との連携プラットフォームのつくり方』

『NPO、地域団体、企業、自治体との連携プラットフォームのつくり方』

開催日時:8月27日(火)19:00~20:00

※放映後、録画してアーカイブ放送を行ないます。

※アーカイブ配信スタートまでに数日かかることがございます。

※質疑応答がご希望の受講生の方はライブでご参加ください。

※アーカイブでは質疑応答はカットされます。

ZOOM LIVE

『NPO、地域団体、企業、自治体との連携プラットフォームのつくり方』

開催日時:8月27日(火)
19:00~20:00

※放映後、録画してアーカイブ放送を行ないます。

※アーカイブ配信スタートまでに数日かかることがございます。

※質疑応答がご希望の受講生の方はライブでご参加ください。

※アーカイブでは質疑応答はカットされます。

ABOUT

地域共生社会や孤独孤立対策地域プラットフォーム、DMO、エリアマネジメントなど、今日、地域課題を解決するために、異なるセクター、異なる分野からなる多者連携の仕組み(プラットフォーム)づくりが大きなテーマとなってきています。

しかし、実際には、セクター(行政、NPO,企業、地縁団体等)を超え、分野(福祉、環境、観光等)を超えるのは、なかなか難しいのが実情です。では、どうすれば、セクターや分野を超えた地域連携プラットフォームが作れるのか?

今回は、熊本市で、障がい者の支援を核として、不動産仲介業者、家主、保険会社、自治体、民生委員、シングルマザー支援や外国人支援などの団体と、居住支援のプラットフォームづくりで大きな成果を上げているNPO法人自立応援団の福島理事長においでいただき、多者連携プラットフォームのつくり方、相利の開発の仕方についてお話しいただきます。

多様な主体との連携を作りたい団体には、とても有益な講座です。ぜひご参加ください。

①NPO法人自立応援団の活動

②居住支援プラットフォームができたプロセスと成果

③相利評価表による見取り図

➃各主体が得た相利とプラットフォームの効果


質疑応答

※放映後、録画してアーカイブ放送を行ないます。
※質疑部分はアーカイブではカットされますので、ライブでご参加いただけるとよりその場限りの情報も得られるので、ライブ参加がおススメです。

講師

福島貴志さん

(NPO法人自立応援団理事長)

H13年特定非営利活動法人IOBスポーツ推進事業団設立し、障害者スポーツ振興活動を行う。H18年4月より、特定非営利活動法人自立応援団理事長に就任。障害福祉サービスを運営。H21年熊本市チャレンジ協働事業をきっかけに、熊本市と協働で熊本市居住支援協議会をH22年7月7日に設立。福祉と不動産関係団体、行政と連携を図りながら、住宅を失った方への支援や災害時等の居住支援を行っている。


聞き手

松原明

協力アカデミー代表

1994年シーズ=市民活動を支える制度をつくる会を創設。NPO法、認定NPO法人制度、NPO法人会計基準などの制度づくりを主導。NPO支援財団研究会、日本ファンドレイジング協会などのNPO支援の仕組み創設にも携わる。

講師

福島貴志さん

(NPO法人自立応援団理事長)

H13年特定非営利活動法人IOBスポーツ推進事業団設立し、障害者スポーツ振興活動を行う。H18年4月より、特定非営利活動法人自立応援団理事長に就任。障害福祉サービスを運営。H21年熊本市チャレンジ協働事業をきっかけに、熊本市と協働で熊本市居住支援協議会をH22年7月7日に設立。福祉と不動産関係団体、行政と連携を図りながら、住宅を失った方への支援や災害時等の居住支援を行っている。


聞き手

    松原明

    協力アカデミー代表

    1994年シーズ=市民活動を支える制度をつくる会を創設。NPO法、認定NPO法人制度、NPO法人会計基準などの制度づくりを主導。NPO支援財団研究会、日本ファンドレイジング協会などのNPO支援の仕組み創設にも携わる。

    『協力のテクノロジー』(共著、学芸出版、2022年)、『改正NPO法対応 ここからはじめるNPO会計・税務』(共著、ぎょうせい、2012年)、『NPOがわかるQ&A』(共著、岩波ブックレット、 2004年)、『NPO法コンメンタール―特定非営利活動促進法の逐条解説』(共著、日本評論社、1998年)、『「国家」の限界が見えてきた。』(共著、ダイヤモンド社、1997年)など著書多数

    ※このライブセミナーの受講登録には、協力アカデミーへのログインが必要です。まだアカウントをお持ちでない方は、まずは無料プランに新規登録してください。
    また、このライブセミナーは、無料プランの方は1,100円で購入が必要ですが、見放題プラン(月3,300円)に登録していただくと無料となります。
    ライブセミナーに月3回以上参加する方、全てのオンデマンド動画を視聴して、より深く協力について学びたい方には、見放題プラン(月3,300円)への登録をお勧めします。
    なお、一度お支払いされた金額は、お戻しできませんのでご了承ください。

    内容講座

    ・ライブ配信は録画され、毎日アーカイブ配信されます。カメラ表示が気になる方はカメラ機能をOFFにしてご参加ください。

    ・ライブのミーティングルーム機能を使って開催します。バーチャル背景を使用したい方は、「配信に参加する」ボタンを押し続けると、その下に表示される「Zoomクライアントから参加する」をクリックしご自身のZoomアプリが開き、設定済みの参加バーチャル背景が反映された環境でできます。

    • NPO法人自立応援団の活動
    • 居住支援プラットフォームができたプロセスと成果
    • 相利評価表による見取り図
    • 各主体が得た相利とプラットフォームの効果
    • 質疑応答